おきなわ図鑑
沖縄の水中生物図鑑 1451種登録中

モンガラカワハギ
Balistoides conspicillum (Bloch & Schneider, 1801)
概要
サンゴ礁域に生息する。
単独、もしくはペアで行動する。
背面部は黒色で、腹部には黒線が入り石垣模様になるが、幼魚の頃は黒色の領域が大きく、白色の部分は水玉模様になる。
吻が黄色からオレンジ色になる。
沖縄名ウエタカノメーカーハジャー。
通年観察できる普通種。
レア度 ★
写真
モンガラカワハギの成魚。

恩納村 オーバーヘッドロック 8m 25cm
モンガラカワハギの成魚。

恩納村 オーバーヘッドロック 10m 25cm
モンガラカワハギの幼若魚。

恩納村 ホテルエッジ 45m 10cm