おきなわ図鑑
沖縄の水中生物図鑑 1263種登録中

ニセゴイシウツボ
Gymnothorax isingteena (Richardson, 1845)
概要
サンゴ礁域に生息する。
サンゴや岩の隙間に隠れている。
白色の体に多くの黒斑が入る。
幼魚の頃は黒斑が大きく、別種として扱われていた。
沖縄名ウージ。
しばしば観察できる。
レア度 ★★★
写真
ウチザン礁 20m 1m50cm
恩納村 ゴジラの割れ目 30m 1m20cm
恩納村 ナカユクイ 10m 1m20cm
恩納村 ミニドリームホール 20m 1m20cm
ニセゴイシウツボの幼魚。
シマアラシウツボの幼魚に似るが、黒色の斑紋が帯状にならないことで区別できる。
幼魚の観察は稀。

金武町 レッドビーチ 5m 50cm