おきなわ図鑑
沖縄の水中生物図鑑 1263種登録中

バサラカクレエビ
Laomenes amboinensis (de Man, 1888)
概要
サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
ウミシダをホストとする。
体色はホストに合わせて変化する。
頭胸甲や腹節に横帯が入る個体が多い。
目の先端が尖ることが特徴。
通年観察できる普通種。
レア度 ★
写真
渡嘉敷島 野崎 10m 20mm
糸満 スカキンの根 6m 20mm
糸満 名城 7m 20mm
恩納村 ホーシュー 15m 15mm
恩納村 万座ドリームホール 8m 15mm