おきなわ図鑑
沖縄の水中生物図鑑 1463種登録中

ロクセンスズメダイ
Abudefduf sexfasciatus (Lacepède, 1801)
概要
サンゴ礁域で生息する。
浅所で群れを作る。
和名はロクセンスズメダイだが、体側には5本の横帯しか見られない。
同属のオヤビッチャに似るが、背側が黄色くならないこと、尾鰭の両葉に黒色線が入ることなどで区別できる。
通年観察できる普通種。
レア度 ★
写真
ロクセンスズメダイの成魚。

恩納村 真栄田岬 5m 15cm
卵を守るロクセンスズメダイ。
興奮しているのか、体色が黒ずんでいる。
ロクセンスズメダイの卵は岩肌などに産み付けられる。

恩納村 真栄田岬 8m 13cm