Marionia sp. 4

ニシドマリハナガサウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> 枝鰓亜目 Cladobranchia
> ホクヨウウミウシ上科 Tritonioidea
> ホクヨウウミウシ科 Tritoniidae
> ミドリハナガサウミウシ属 Marionia

体地色は半透明の白色、半透明の赤褐色、半透明の緑褐色と変異に富む。
体表全体に白色の低いイボ状突起がある。
この突起は背面では赤褐色や緑褐色を帯びるものも見られる。
背側突起は幾重にも分岐し先は赤色になるが、稀に黄色になるものも見られる。
触角鞘の縁は波打ち触角の先は分岐する。
春を中心に観察できる。

レア度
★★★★
名護湾 石切 8m 100mm

ニシドマリハナガサウミウシ
北谷町 宮城海岸 7m 40mm