Janolus tricellariodes Pola & Gosliner, 2019

トゲトゲウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> 枝鰓亜目 Cladobranchia
> Proctonotoidea(上科) Proctonotoidea
> コヤナギウミウシ科 Janolidae
> コヤナギウミウシ属 Janolus

体地色は半透明の褐色。
背側突起は紡錘形で先端が尖る。
背側突起の先端は明るい薄紫色でその直下に紫色と白色の輪がある。
その下側には白色の斑紋が入り、一部のものはゆるく突起する。
触角間の瘤状突起は半透明の褐色で、表面が白色になる。
尾の先端は紫色になる。
触角は半透明の褐色で、先端よりやや下側に紫色の輪があり、先端は白くなる。褶葉に白色の斑紋が入る。
通年観察できるが、餌のコケムシの出現状況に左右される。

レア度
★★★
名護湾 ゴリラチョップ 10m 30mm

トゲトゲウミウシ
名護湾 ゴリラチョップ 10m 35mm

トゲトゲウミウシ
名護湾 ゴリラチョップ 10m 35mm

トゲトゲウミウシ
トゲトゲウミウシの若齢個体。

北谷町 宮城海岸 10m 8mm