Janolus flavoanulatus Pola & Gosliner, 2019

サーシャコヤナギウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> 枝鰓亜目 Cladobranchia
> Proctonotoidea(上科) Proctonotoidea
> コヤナギウミウシ科 Janolidae
> コヤナギウミウシ属 Janolus

体地色は半透明の黄白色。
体表全体を背側突起が覆う。
背側突起の中ほどには淡いベージュ色の色帯がある。
背側突起の先は紫色で中心が薄紫色。
触角は基部を除いて紫色。
若齢個体では触角の先端が白色になるものも見られる。
本種を Janolus savinkini とする研究者も居るが誤同定。
冬を中心に良く観察できる。

レア度
★★
大浦湾 二見 6m 30mm

サーシャコヤナギウミウシ
金武湾 レッドビーチ 11m 50mm

サーシャコヤナギウミウシ
金武湾 レッドビーチ 13m 25mm

サーシャコヤナギウミウシ
金武湾 レッドビーチ 11m 13mm

サーシャコヤナギウミウシ
金武湾 レッドビーチ 11m 10mm