Reticulidia fungia Brunckhorst & Gosliner in Brunckhorst, 1993

ユキヤマウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> イボウミウシ上科 Phyllidioidea
> イボウミウシ科 Phyllidiidae
> ユキヤマウミウシ属 Reticulidia

体地色は半透明の白色。
背面全体に白色の微細な細点が密に入る。
背面正中線には縦に伸びる尾根状の隆起線があり、そこから数本の隆起線が放射状に伸びる。
隆起部は黄色になるが、これを欠くものも見られる。
隆起線の頂は白色線が走る。
隆起間の凹部には不定型な黒色の斑紋が入る。
触角は黄色から橙黄色。
通年観察できる。

レア度
恩納村 アポガマ 18m 25mm

ユキヤマウミウシ
恩納村 オーバーヘッドロック 13m 25mm