Amphiprion clarkii (Bennett, 1830)

クマノミ

魚類
> スズキ目 Perciformes
> ベラ亜目 Labroidei
> スズメダイ科 Pomacentridae
> クマノミ属 Amphiprion

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
大型のイソギンチャクと共生する。イソギンチャクの選り好みはなく、他のクマノミ類が共生する殆どのイソギンチャクに適応できる。
クマノミ類は雄から雌へ性転換する雄性先熟性。
通年観察できる普通種。

レア度
クマノミの雄。
体色は共生するイソギンチャクの種類によって変化するが、頭部、体側、尾柄部に各1本ある白色の横帯はこの種の特徴となっている。
沖縄型の雄は尾鰭の上葉と下葉に黄色の線が入る。

名護湾 砕石場 15m 7cm

クマノミ
イボハタゴイソギンチャクに着くクマノミは体色が黒くなる。

北谷町 宮城海岸 20m 40mm

クマノミ
クマノミの幼魚。

金武湾 レッドビーチ 10m 15mm

クマノミ
産卵直後の卵の世話をするクマノミ。

恩納村 ホーシュー 5m 12cm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード