Mexichromis mariei (Crosse, 1872)

クリヤイロウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> イロウミウシ上科 Chromodoridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> Miamirinae(亜科) Miamirinae
> レンゲウミウシ属 Mexichromis

体地色は半透明の白色。
背面の最外周から橙色若しくは朱色の色帯、次に白色の線で縁取られる。
背面は半透明の白色だが、稀に淡いピンク色になるものも見られる。
背面には白色の小突起が散在する。
この突起が紫色になるものも見られる。
触角褶葉と二次鰓の軸は紫色。
沖縄での観察例は少ない。

レア度
★★★★★
金武湾 レッドビーチ 8m 15mm

クリヤイロウミウシ
恩納村 ホーシュー 15m 5mm

クリヤイロウミウシ
金武湾 レッドビーチ 13m 10mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード