Halgerda brunneomaculata Carlson & Hoff, 1993

テンテンウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> ツヅレウミウシ科 Discodorididae
> モザイクウミウシ属 Halgerda

体地色は半透明の白色。
背面には黄色の網目状の隆起線がある。
隆起線の間の窪んだ所には黒色の円紋が入る。
触角と二次鰓の色は体地色と同じで黒色の縦線が入る。
夏に多い。

レア度
★★
奥武島 2番 12m 10mm

テンテンウミウシ
恩納村 ホーシュー 15m 10mm

テンテンウミウシ
座間味島 6番 10m 5mm

テンテンウミウシ
恩納村 ミニドリームホール 10m 5mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード