Asteronotus cespitosus (van Hasselt, 1824)

コバンウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> ツヅレウミウシ科 Discodorididae
> コバンウミウシ属 Asteronotus

体地色は灰色、黄白色、褐色など変異に富む。
背面正中線には1本の隆起線があり、その周囲をコブ状突起群が囲む。
外套膜周縁部にも細長い突起があり、背面を中心に同心円状に並ぶ。
これらの突起の色は体地色と同じか、やや明るめになる。
触角はコブ状突起の色と同じか暗褐色。
二次鰓は褐色から暗褐色。
観察例は少ない。

レア度
★★★★★
恩納村 ナカユクイ 7m 150mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード