Goniodoridella savignyi Pruvot-Fol, 1933

コトヒメウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> ラメリウミウシ上科 Onchidoridoidea
> ネコジタウミウシ科 Goniodorididae
> コトヒメウミウシ属 Goniodoridella

体地色は半透明の白色から半透明の黄色。
背面縁と背面正中線が盛り上がり黄色に染まる。
頭部前縁にはヒゲ状の突起がある。
二次鰓の両脇には長い突起がある。
触角は平滑で白色。
二次鰓の色は体地色と同じ。
しばしば観察できる。

レア度
★★★★
金武湾 レッドビーチ 13m 4mm

コトヒメウミウシ
恩納村 ホーシュー 5m 6mm

コトヒメウミウシ
黄色の個体。

名護湾 ゴリラチョップ 12m 4mm