Tambja morosa (Bergh, 1877)

ミドリリュウグウウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> クロスジリュウグウウミウシ亜科 Nembrothinae
> ニシキリュウグウウミウシ属 Tambja

体地色は濃緑色から黒色。
若齢個体では半透明の紫色のものも見られる。
頭部前縁、口幕縁、腹足縁や体表の所々に青色の紋が入る。
触角の色は体地色と同じで先端が青味を帯びる。
二次鰓は外側の基部から軸が青色や青緑色で内側は体地色と同じ。
春から初夏に多く観察できる。

レア度
★★
名護湾 ゴリラチョップ 7m 70mm

ミドリリュウグウウミウシ
黒色の色素が抜けた個体。

座間味島 唐馬ドラゴンレディ 15m 60mm

ミドリリュウグウウミウシ
北谷町 宮城海岸 7m 50mm

ミドリリュウグウウミウシ
産卵中のミドリリュウグウウミウシ。

座間味島 唐馬ドラゴンレディ 20m 50mm

ミドリリュウグウウミウシ
交接中のミドリリュウグウウミウシ。

北谷町 宮城海岸 7m 50mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード