Gymnodoris inariensis Hamatani & Osumi, 2004

クロヒメキヌハダウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> フジタウミウシ亜科 Polycerinae
> キヌハダウミウシ属 Gymnodoris

砂地に棲息する。
体地色は透明感の強い白色。
特徴的な形の内臓器官が透けて見える。
体表には黒褐色の細点が入るが、特に頭部に集中する。
触角基部は無色。触角は黒色だが白色のものも見られる。
二次鰓は透明で小さく、肉眼で確認することは困難。
冬季、大浦湾での観察。

レア度
★★★
大浦湾 二見 3m 10mm