Plocamopherus imperialis Angas, 1864

ベッコウヒカリウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> ハナサキウミウシ亜科 Triophinae
> ヒカリウミウシ属 Plocamopherus

体地色は黄褐色。
背面は褐色の斑模様で、白色の細点が入る。
背面縁の突起は3対で、発光瘤はピンク色であることが特徴。
触角と二次鰓の色は背面と同じか、ややピンク色を帯びる。
冬から春にかけてしばしば観察できる。

レア度
★★★
発光瘤がピンク色であることでシロアミヒカリウミウシと区別できる。

名護湾 ゴリラチョップ 10m 20mm

ベッコウヒカリウミウシ
久場島 紺瀬 13m 20mm

ベッコウヒカリウミウシ
名護湾 ゴリラチョップ 10m 18mm