Kaloplocamus sp. 2

エダウミウシ属の一種 2

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> ハナサキウミウシ亜科 Triophinae
> エダウミウシ属 Kaloplocamus

体地色は半透明の白色。
体表には筆で擦ったような白色の細線と橙色の小紋が入る。
頭部に6本、背面縁に4対の枝状突起がある。
この突起は刺激を与えると縮む。
触角の茎は長く、褶葉は黄白色。
二次鰓の色は体地色と同じ。
観察例は少ない。

レア度
★★★★★
名護湾 石切 20m 5mm

エダウミウシ属の一種 2
上の写真と同個体。

名護湾 石切 20m 5mm

エダウミウシ属の一種 2
上の写真と同個体。
刺激を与えて突起が縮んだ状態。

名護湾 石切 20m 5mm