Tenellia sp. 3

ハクトウミノウミウシ(シロタエミノウミウシ属の一種 3)

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> 枝鰓亜目 Cladobranchia
> ヒダミノウミウシ上科 Fionoidea
> ゴシキミノウミウシ科 Trinchesiidae
> シロタエミノウミウシ属 Tenellia

砂地に棲息する。
クラゲを食す。
体地色は半透明の白色。
背面は淡いピンク色から青紫色。
背側突起は扁平で後方に伏す。色は白色で表面が黄色味を帯びる。
触角間から両口触手の基部を結ぶ白色の三角斑が特徴。
触角は平滑で長い。色は橙色。中間部分に色のない領域がある。
口触手は平滑で長い。色は橙色。
観察例は少ない。

レア度
★★★★★
座間味島 唐馬No.2 13m 10mm