Goniobranchus sp. 3

アデヤカイロウミウシ属の一種 3

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> イロウミウシ上科 Chromodoridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> イロウミウシ亜科 Chromodoridinae
> アデヤカイロウミウシ属 Goniobranchus

体地色は半透明の白色。
背面全体に褐色から淡褐色の斑紋が入る。
また紫色の不定形な斑紋が背面中央と外套周辺部に多く入る。
外套膜最外周は橙赤色の帯で縁取られる。
触角の茎は透明だが、褐色や紫色の色素が入ることもある。褶葉は白色。
二次鰓は白色。
非常に稀。

レア度
★★★★★★
海外からの報告例があるが、日本での観察は極めて稀。

北谷町 宮城海岸 3m 25mm

アデヤカイロウミウシ属の一種 3
金武湾 レッドビーチ 3m 12mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード