Rhinecanthus rectangulus (Bloch et Schneider, 1801)

タスキモンガラ

魚類
> フグ目 Tetraodontiformes
> モンガラカワハギ科 Balistidae
> ムラサメモンガラ属 Rhinecanthus

サンゴ礁域の浅所に生息する。
繁殖期には砂底にすり鉢状の巣を作り、親が卵を保護する。
沖縄名イノーフクルビ。
通年観察できる普通種。

レア度
タスキモンガラの成魚。
頭部から眼を通る黒色帯は、胸鰭付近で太くなり腹鰭にまで達する。
体側にたすきをかけたような独特な模様がある。
尾柄部の小棘列は4列から5列。

恩納村 ホーシュー 3m 6cm

タスキモンガラ
タスキモンガラの幼魚。

渡名喜島 ブルーホール 5m 35mm