Notarchus indicus Schweigger, 1820

フウセンウミウシ

ウミウシ
> 無楯目 Anaspidea
> アメフラシ上科 Aplysioidea
> アメフラシ科 Aplysiidae
> フウセンウミウシ属 Notarchus

体色は半透明の白色から黄白色、茶褐色と変異に富む。
体は丸みを帯びる。
体表には樹枝状突起がある。
左右の側足が融合し袋状になる。
背面には背孔があり、ここから水を勢いよく噴射することで危険から逃れる。
ウスユキウチワやハゴロモが茂るような藻場で見られる。
通年観察できるが春が多い。

レア度
★★★★
金武湾 レッドビーチ 6m 10mm

フウセンウミウシ
金武湾 レッドビーチ 6m 10mm

フウセンウミウシ
金武湾 天願 3m 8mm