Lamprohaminoea sp. 4

ラムプロハミノエア属の一種 4

ウミウシ
> 頭楯目 Cephalaspidea
> ブドウガイ上科 Haminoeoidea
> ブドウガイ科 Haminoeidae
> Lamprohaminoea属 Lamprohaminoea

体地色はほぼ透明で僅かに白色を帯びる。
体表全体に白色や水色、ピンク色などの細点が入る。
貝殻はほぼ球形でずんぐりしている。
貝殻下の外套膜には黄色やオレンジ色、暗色の円斑が散在する。
眼域の周辺には暗色の斑紋が入る。
冬から春にかけて観察できる。

レア度
★★★
貝殻が丸みを帯びることが特徴。

金武湾 レッドビーチ 13m 3mm