Orectolobus japonicus Regan, 1906

オオセ

魚類
> テンジクザメ目 Orectolobiformes
> オオセ科 Orectolobidae
> オオセ属 Orectolobus

サンゴ礁域から岩礁域、砂地まであらゆる場所に生息する。
通常は泳がず水底でじっとしている。
水温の低い時期にしばしば観察できる。

レア度
★★★★
体は縦扁する。
体色は薄褐色、濃褐色、灰色などの斑模様で、白色点が無数に入る。

前島 パライソ 18m 1m50cm

オオセ
上の写真と同個体。
胸鰭が大きく臀鰭は尾鰭の付け根付近にある。

前島 パライソ 18m 1m50cm

オオセ
水底でじっとしているオオセ。
背面の模様は周囲の風景に溶け込み擬態に役立つ。

渡嘉敷島 ブルーコーナー 35m 1m50cm

オオセ
口の周りには皮弁があり、先端が二叉することが特徴。

渡嘉敷島 ブルーコーナー 35m 1m50cm