Costasiella sp. 1

セジロモウミウシ(オオアリモウミウシ属の一種 1)

ウミウシ
> 嚢舌上目 Sacoglossa
> チドリミドリガイ亜目 Plakobranchacea
> ハダカモウミウシ上科 Limapontioidea
> オオアリモウミウシ科 Costasiellidae
> オオアリモウミウシ属 Costasiella

砂地に生息するコテングノハウチワやその他の緑藻類をホストとする。
同属のウミウシではクサイロモウミウシ、ウサギモウミウシに次いで見られるが、個体数が多いものではない。

レア度
★★★★
セジロモウミウシの成体。
体地色は白色で、背面は薄い黄緑色。
頭部と心嚢域は白色。
背側突起は緑色で、先端付近が白色になる。
また、中間付近に青色の斑紋が入るものも見られる。
触角は基部が白色で、その先は黒色だが、前縁は黒色の線が繋がる。

恩納村 ナカユクイ 10m 4mm

セジロモウミウシ(オオアリモウミウシ属の一種 1)
コテングノハウチワに着くセジロモウミウシ。

恩納村 ナカユクイ 10m 4mm