Noalda sp. 1

エンビノアルダガイ(ノアルダガイ属の一種 1)

ウミウシ
> 頭楯目 Cephalaspidea
> キセワタ上科 Philinoidea
> カノコキセワタガイ科 Aglajidae
> ノアルダガイ属 Noalda

内湾から沿岸域浅所に生息する。
Noalda exigua (Hedley, 1912) に似るが、生息域の違いと、体表に黄色の斑紋がないことで、とりあえず別種とする。
観察例は少ない。

レア度
★★★★
体地色は半透明の白色で、白色の細点が全体を覆う。
背面の外套から貝殻が露出している。
貝殻は薄茶色で、茶色の帯とその両側にこげ茶色の線が斜走する。
美は二叉して細長く、先端は尖る。

金武湾 天願 4m 5mm