Malacanthus latovittatus (Lacepède, 1801)

キツネアマダイ

魚類
> スズキ目 Perciformes
> スズキ亜目 Percoidei
> キツネアマダイ科 Malacanthidae
> Malacanthinae(亜科) Malacanthinae
> キツネアマダイ属 Malacanthus

サンゴ礁域の砂礫域に生息する。
水底から少し上をホバリングし、砂中の底生生物を食す。
沖縄では食用とされる。
通年観察できる普通種。

レア度
キツネアマダイの成魚。
体側に1本の黒色縦帯がある。
鰓蓋には棘がある。
雌雄の差はほとんど見られない。

崎本部 ゴリラチョップ 5m 40cm

キツネアマダイ
キツネアマダイの幼魚。
この頃の体色は白黒のツートンカラー。

恩納村 ナカユクイ 15m 7cm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード

分類カテゴリ