Hallaxa iju Gosliner & S. Johnson, 1994

カンムリハラックサウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> アマクサウミウシ科 Actinocyclidae
> ハラックサウミウシ属 Hallaxa

サンゴ礁域に生息する。
冬季から春季にかけてしばしば観察できる。

レア度
★★
体地色は黒色、小豆色、茶色などで、白色の細点がある。
背面、特に二次鰓の前方が盛り上がる。
触角の茎は透明で、褶葉に白色が入る。
二次鰓は体地色と同色で円形。

金武湾 天願 5m 8mm

カンムリハラックサウミウシ
茶色の個体。

金武湾 天願 5m 3mm