Thecacera sp. 1

ガヒミズタマウミウシ(ミズタマウミウシ属の一種 1)

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> フジタウミウシ亜科 Polycerinae
> ミズタマウミウシ属 Thecacera

砂地に生息する。
二次鰓の横に指状突起がある。
触角には触角鞘がある。
ツノザヤウミウシの種内変異の可能性があり今後の研究が待たれる。
ツノザヤウミウシとの外見上の違いは体表に白色斑が入ること。
冬季にしばしば観察できる。

レア度
★★★★
ツノザヤウミウシに似るが、体表に白色の斑紋が入ることで区別できる。

糸満 名城 20m 10mm