Tambja sp. 1

ニシキリュウグウウミウシ属の一種 1

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> クロスジリュウグウウミウシ亜科 Nembrothinae
> ニシキリュウグウウミウシ属 Tambja

砂泥域に生息する樹枝状のコケムシを餌とする。
冬季、しばしば観察できる。

レア度
★★★★
体地色は橙色とされるが、紫色を帯びるものも見られる。
体表に黄白色の円斑が入る。
円斑の大きなものは中央が紫色に染まり、僅かに盛り上がる。
触角と二次鰓、口触手は橙色。

金武湾 レッドビーチ 12m 10mm

ニシキリュウグウウミウシ属の一種 1
ニシキリュウグウウミウシ属の一種 1の若齢個体。
このステージでは体は透明で、白色斑の中央は橙色になる。

金武湾 レッドビーチ 13m 3mm

ニシキリュウグウウミウシ属の一種 1
餌となるコケムシに着く2mmほどの個体。

金武湾 レッドビーチ 13m 2mm