Plocamopherus pecoso Valles & Gosliner, 2006

ニンジンヒカリウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> ハナサキウミウシ亜科 Triophinae
> ヒカリウミウシ属 Plocamopherus

転石下での観察例が多い。
ニンジンヒカリウミウシはウミウシガイドブックで提唱された。(小野 1999)
ソバカスヒカリウミウシは新参異名。
冬季から春季にかけて普通。

レア度
★★
体地色は透明で、体表にはオレンジ色から黄色の色素が密に入り、全体的にオレンジ色(稀に黄色)に見える。
このオレンジ色の色素は腹足近くでは疎になる。
背面には3対の発光瘤があり、後方の2対は大きく、先端が紫色に染まる。
この発光瘤を通り、尾の先端まで伸びる白色の線がある。
触角と二次鰓は透明で、白色の色素が入る。
頭部前縁の突起は白色で、枝分かれしている。

金武湾 レッドビーチ 13m 15mm

ニンジンヒカリウミウシ
名護湾 砕石場 4m 15mm

ニンジンヒカリウミウシ
腹足が透明だということが分かる。

名護湾 砕石場 4m 15mm

ニンジンヒカリウミウシ
ニンジンヒカリウミウシの若齢個体。
この頃の頭部前縁にある突起は6本でシンプル。

名護湾 砕石場 5m 3mm