Gymnodoris ceylonica (Kelaart, 1858)

オオエラキヌハダウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> フジタウミウシ亜科 Polycerinae
> キヌハダウミウシ属 Gymnodoris

砂地に生息する。
他のウミウシやウミウシの卵を食す。
体長120mmに達する大型種。

レア度
★★★★
体地色は半透明の白色。
体表には赤色から朱色のイボ状突起が散在する。
腹足周縁部は橙色。
触角は先端が橙色。
二次鰓は円形で大きく、軸の部分が赤色から朱色。

座間味島 唐馬ドラゴンレディ 7m 45mm

オオエラキヌハダウミウシ
名護湾 砕石場 14m 35mm

オオエラキヌハダウミウシ
産卵中のオオエラキヌハダウミウシ。

座間味島 唐馬No.2 12m 15mm