Nembrotha cristata Bergh, 1877

トサカリュウグウウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> クロスジリュウグウウミウシ亜科 Nembrothinae
> クロスジリュウグウウミウシ属 Nembrotha

サンゴ礁域に生息する。
ミドリトウメイボヤなどの群体ボヤを食す。
通年観察できるが、餌となるホヤの出現時期に左右される。

レア度
★★
体地色は深緑色。
体表には緑色のイボ状突起がある。
二次鰓は4基ある。
ミドリトウメイボヤ(通称:ワライボヤ)を良く食べる。

座間味島 留加比 6m 8cm

トサカリュウグウウミウシ
座間味島 留加比 8m 40mm