Goniobranchus geometricus (Risbec, 1928)

キカモヨウウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> イロウミウシ上科 Chromodoridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> イロウミウシ亜科 Chromodoridinae
> アデヤカイロウミウシ属 Goniobranchus

特に環境を問わず生息する。
体地色は白色。
背面は紫色を帯びた白色で、白色の盛り上がった斑紋と黒色の亀甲模様が入る。
触角と二次鰓は基部が白色で、半分から先が緑色から黄褐色になる。
本種には全体的に褐色を帯びる色彩型も存在する。
外套膜前方を上下させる揺動運動を行う。
通年観察できる普通種。

レア度
オトヒメウミウシユウグレイロウミウシでも見られる外套膜前方を上下させる揺動運動を行う。

金武湾 レッドビーチ 9m 30mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード