Thecacera picta Baba, 1972

ツノザヤウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> フジタウミウシ科 Polyceridae
> フジタウミウシ亜科 Polycerinae
> ミズタマウミウシ属 Thecacera

砂地から砂泥域に生息する。
二次鰓の横に指状突起がある。
触角には触角鞘がある。
白ピカチューの愛称で呼ばれている。
冬季に多く観察できる。

レア度
★★★
体地色は半透明の白色。
体表に入る黒色斑は水玉状になったり、連なって線状になるものも見られる。
口触手、触角の先端、触角鞘の外側先端、指状突起の先端、尾の先端が橙色から黄色になる。
このうち触角鞘先端と指状突起の先端は白色になる。
この個体は線状タイプ。

金武湾 レッドビーチ 13m 18mm

ツノザヤウミウシ
線状タイプ。

金武湾 レッドビーチ 13m 9mm

ツノザヤウミウシ
水玉タイプ。

金武湾 レッドビーチ 13m 8mm

ツノザヤウミウシ
水玉タイプ。

金武湾 レッドビーチ 13m 7mm