Chromodoris michaeli Gosliner & Behrens, 1998

ミカエルイロウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> ミスジアオイロウミウシ属 Chromodoris

サンゴ礁域に生息する。
種小名は Behrens の息子 Michael David Behrens に因む。
観察例は少ない。

レア度
★★★★★
外套膜周縁部から白色線、橙黄色の帯があり、その内側は青色になる。
この青色の領域には黒色の縦線が3本入るが、中央の線は途切れがちになる。
触角の後ろと背面中央部に暗色域がある。
触角は橙黄色。二次鰓は基部が白味を帯び半分から先が橙黄色になる。

恩納村 ホーシュー 45m 40mm

ミカエルイロウミウシ
上の写真と同個体。

恩納村 ホーシュー 45m 40mm