Opistognathus sp. 1

メガネアゴアマダイ(アゴアマダイ属の一種 1)

魚類
> スズキ目 Perciformes
> スズキ亜目 Percoidei
> アゴアマダイ科 Opistognathidae
> アゴアマダイ属 Opistognathus

砂礫域に生息する。
砂底に垂直の穴を掘ってその中に隠れる。
通年観察できる普通種。

レア度
体地色は白色で褐色の斑模様が入る。
頭部がやや黒ずむ。
眼の周囲が白くなる事でリングアイ・ジョーフィッシュと呼ばれていた。

恩納村 真栄田岬 30m 9cm

メガネアゴアマダイ(アゴアマダイ属の一種 1)
恩納村 真栄田岬 30m 7cm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード