Aplysia nigrocincta von Martens, 1880

アプリシア・ニグロチンクタ

ウミウシ
> 無楯目 Anaspidea
> アメフラシ上科 Aplysioidea
> アメフラシ科 Aplysiidae
> アメフラシ属 Aplysia

体色は赤褐色、黒色、栗色と変化に富む。
体表には大小の白斑が入る。
内臓嚢は丸く大きく膨らむ。
広がった側足から外套孔やその内側の貝殻が見える。
刺激を与えると紫色の汁を出す。
以前はクロヘリアメフラシとされていた。
通年観察できる。

レア度
赤褐色の個体。
70mmに達するとされるが、沖縄産のものは20mmを超えない。

北谷町 宮城海岸 3m 15mm

アプリシア・ニグロチンクタ
黒色の個体。

金武湾 レッドビーチ 9m 10mm

アプリシア・ニグロチンクタ
茶褐色の個体。

恩納村 ナカユクイ 14m 8mm

アプリシア・ニグロチンクタ
茶色の個体。

名護湾 ゴリラチョップ 3m 4mm

アプリシア・ニグロチンクタ
恩納村 ナカユクイ 5m 7mm