Halgerda sp. 1

ミヤマウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> ツヅレウミウシ科 Discodorididae
> モザイクウミウシ属 Halgerda

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
白色のカイメンを食す。
背面には隆起があり、その隆起間を茶色と黄色の線が幾重にも入る。
外套膜最外周は黄色の線で縁取られる。
触角と二次鰓は白色で黒色の斑紋が入る。
観察例は少ない。

レア度
★★★★
パイナップルウミウシに似るが、大型で、外套膜周縁部が黄色の線で縁取られることで区別できる。

恩納村 ホーシュー 30m 120mm

ミヤマウミウシ
恩納村 ホーシュー 25m 100mm

ミヤマウミウシ
交接中のミヤマウミウシ。

恩納村 ホーシュー 25m 80mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード