Jorunna funebris (Kelaart, 1859)

ブチウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> ツヅレウミウシ科 Discodorididae
> ゴマフビロードウミウシ属 Jorunna

サンゴ礁域の浅所に生息する。
体地色は白色。
体表は繊毛状の突起が密に覆う。
この突起の一部が黒褐色になり、円斑状の模様を形成する。
触角と二次鰓は黒褐色。
ゼニガタウミウシは異名。
通年観察できるが春から初夏が多い。

レア度
★★
体長150mmに達するとされるが、本邦産のものは最大でも50mm程度。
通常観察できるのは20mm前後のものが多い。

恩納村 真栄田岬 3m 30mm

ブチウミウシ
恩納村 真栄田岬 5m 30mm

ブチウミウシ
北谷町 宮城海岸 7m 10mm

ブチウミウシ
北谷町 宮城海岸 6m 10mm

ブチウミウシ
嘉手納町 水釜コーナー 4m 6mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード