Goniobranchus kuniei (Pruvot-Fol, 1930)

オトヒメウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> アデヤカイロウミウシ属 Goniobranchus

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
キカモヨウウミウシユウグレイロウミウシでも見られる外套膜前方を上下させる揺動運動を行う。
春季から初夏に観察できる。

レア度
★★
外套膜周縁部は紫色で、その内側が黄色。背面は茶色になる。
背面には薄い紫色で囲まれた濃い紫色の斑紋がある。
外套膜の縁を上下になびかせる行動をとることがある。

北谷町 宮城海岸 10m 8cm

オトヒメウミウシ
オトヒメウミウシの交接。

北谷町 宮城海岸 10m 8cm

オトヒメウミウシ
オトヒメウミウシの産卵。
コモンウミウシ属のウミウシが平面的な卵塊を産むのに対し、アデヤカイロウミウシ属 Goniobranchus のウミウシは立体的な卵塊を生成する。

北谷町 宮城海岸 16m 6cm

オトヒメウミウシ
外套膜の縁を翻したところ。

北谷町 宮城海岸 10m 8cm