Glossodoris hikuerensis (Pruvot-Fol, 1954)

タヌキイロウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> シロタエイロウミウシ属 Glossodoris

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
刺激を与えると、体表から白色の忌避物質を出す。
しばしば観察できる。

レア度
★★
背面は褐色で、灰褐色の細点が密に入る。
外套膜周縁部に青緑色の線が入る。

北谷町 宮城海岸 5m 10cm

タヌキイロウミウシ
刺激を与えると、体表から忌避物質を出す。
この様子が狸が化けるところに似ていることから和名が付いた。

北谷町 宮城海岸 5m 10cm