Goniobranchus preciosus (Kelaart, 1858)

ハスイロウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> ドーリス亜目 Doridina
> ドーリス下目 Doridoidei
> イロウミウシ上科 Chromodoridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> イロウミウシ亜科 Chromodoridinae
> アデヤカイロウミウシ属 Goniobranchus

内湾域に生息する。
砂泥域を好む。
背面は一様に白色だが、成長個体は赤褐色のシミのような斑紋が現れることもある。
外套膜最外周から水色、赤色、黄色の細線で縁取られる。
学名読みはゴニオブランクス・プレキオースス。
通年観察できるが冬季から春季が多い。

レア度
★★
金武湾 レッドビーチ 13m 20mm

ハスイロウミウシ
背面の白い個体。

金武湾 天願 5m 13mm

ハスイロウミウシ
金武湾 天願 5m 15mm

ハスイロウミウシ
金武湾 天願 6m 10mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード