Apogon ishigakiensis Ida & Moyer, 1974

ミヤコイシモチ

魚類
> スズキ目 Perciformes
> スズキ亜目 Percoidei
> テンジクダイ科 Apogonidae
> コミナトテンジクダイ亜科 Apogoninae
> テンジクダイ属 Apogon

内湾域に生息する。
体は白色から茶褐色で、背鰭に白色斑がある。
口内保育をすることが知られている。
通年観察できる普通種。

レア度
ミヤコイシモチの雄。
虹彩は黄色。
第1背鰭の先端に黒色斑があることが特徴。

金武湾 レッドビーチ 11m 40mm

ミヤコイシモチ
口内保育中の雄の個体。
口の中に卵が確認できる。

金武湾 レッドビーチ 11m 40mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード

分類カテゴリ