Hypselodoris bullockii (Collingwood, 1881)

ゾウゲイロウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> ドーリス上科 Doridoidea
> イロウミウシ科 Chromodorididae
> アオウミウシ属 Hypselodoris

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
ハダイロウミウシは異名。
通年観察できるが、春季から夏季が多い。

レア度
★★
体地色は象牙色で、これが和名の由来になっている。
外套膜周縁部には白色の細線が入る。

糸満 名城 15m 15mm

ゾウゲイロウミウシ
ゾウゲイロウミウシの交接。

北谷町 宮城海岸 8m 25mm

ゾウゲイロウミウシ
ゾウゲイロウミウシの3個体による交接。
イロウミウシ科のウミウシは通常1対1による交接だが、ゾウゲイロウミウシは稀に3個体による交接を行うことが確認されている。

北谷町 宮城海岸 4m 25mm