Amphiprion polymnus (Linnaeus, 1758)

トウアカクマノミ

魚類
> スズキ目 Perciformes
> ベラ亜目 Labroidei
> スズメダイ科 Pomacentridae
> クマノミ属 Amphiprion

砂地から砂泥域に生息する。
触手の短いイボハタゴイソギンチャクなどと共生する事が知られているが、触手の長いマバラシライトイソギンチャクと共生する事もある。
雄性先熟性。
雌雄の違いはほとんど見られない。
頭部が赤くなる事が和名の由来。
通年観察できる普通種。

レア度
トウアカクマノミの成魚。
頭部が赤くなる事が和名の由来だが、成体になるまでの体地色は朱色である。
頭部と体側に大きな白色の領域がある。

恩納村 ナカユクイ 12m 15cm

トウアカクマノミ
トウアカクマノミの産卵シーン。
イソギンチャクの周囲にある石などに卵を産み付ける。
適当なサイズの石がない場合は遠くから運んでくる。

恩納村 ナカユクイ 12m 15cm

トウアカクマノミ
トウアカクマノミの幼魚。

恩納村 山田ポイント 20m 20mm

トウアカクマノミ
トウアカクマノミの幼魚。

恩納村 ナカユクイ 13m 13mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード