Melibe viridis (Kelaart, 1858)

ムカデメリベ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> 枝鰓亜目 Cladobranchia
> スギノハウミウシ上科 Dendronotoidea
> メリベウミウシ科 Tethydidae
> メリベウミウシ属 Melibe

内湾の砂泥域に棲息する。
体地色は半透明の褐色。
背面、体側、頭巾周縁部に小突起がある。
背側突起は大きく、先が団扇状に広がる。
背側突起にはイボ状の突起があり一部のものは黒色になる。
メリベウミウシの仲間は頭巾と呼ばれる大きな口を使って底生生物を捕食する。
時に体をくねらせて遊泳する。
冬季から春季にかけての観察。

レア度
★★★
大きな頭巾を使って捕食中のムカデメリベ。

金武湾 レッドビーチ 13m 180mm

ムカデメリベ
大浦湾 二見 5m 150mm

ムカデメリベ
大浦湾 二見 5m 150mm

ムカデメリベ
金武湾 レッドビーチ 13m 100mm

ムカデメリベ
遊泳中のムカデメリベ。
体を左右にくねらせて泳ぐ。

金武湾 レッドビーチ 13m 100mm