Phestilla minor Rudman, 1981

チビミノウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> 枝鰓亜目 Cladobranchia
> ヒダミノウミウシ上科 Fionoidea
> フジエラミノウミウシ科 Trinchesiidae
> イボヤギミノウミウシ属 Phestilla

体地色は半透明の白色から黄白色。
背面には白色の小紋が入る。大きな斑紋状になるものも見られる。
背側突起は先端と中ほどの2か所で膨らむ。
背側突起を含む体表全体に褐色の小紋が入るものも見られる。
しばしば観察できる。
本種をシロタエミノウミウシ属Tenelliaとする研究者も居るが、当サイトはWoRMSに従う。

レア度
★★★★
恩納村 アポガマ 1m 10mm

チビミノウミウシ
褐色の小紋が入る個体。

金武湾 レッドビーチ 3m 4mm

チビミノウミウシ
恩納村 ナカユクイ 16m 5mm

チビミノウミウシ
少なくとも6個体が確認できる。

恩納村 ナカユクイ 10m 5mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード