おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> プレウロブランクス・グランディス

科目別一覧 和名別一覧
← ゼニガタフシエラガイ プレウロブランクス・マミラートゥス →

プレウロブランクス・グランディス

Pleurobranchus grandis  Pease, 1868


側鰓目 カメノコフシエラガイ上科 カメノコフシエラガイ科 ゼニガタフシエラガイ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

プレウロブランクス・グランディス

コメント サンゴ礁域の浅所にて観察。非常に大型の種で30cmに達する。体地色は乳白色。背面には薄い茶色の斑紋が石垣状に入る。また、その上に重なるように濃いこげ茶色の斑紋も入る。こげ茶色の斑紋は互いに繋がり不定形な形状を成す。触角と尾部正中線上もこげ茶色。3月に1度のみの観察。
今川メモ:夜行性で日中は岩の隙間に入っているようです。今回も観察しているうちにどんどんと岩の割れ目に入って行きました。
撮影日 2011/03/15
撮影場所 慶良間 座間味島
体長 300mm
水深 6m
撮影者 今川
← ゼニガタフシエラガイ プレウロブランクス・マミラートゥス →

おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> プレウロブランクス・グランディス