おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> アカキセワタ?

科目別一覧 和名別一覧
← モンガラキセワタ エンビノアルダガイ →

アカキセワタ?

Philine sp.cf. trapezia  Hedley, 1902


頭楯目 キセワタ上科 キセワタガイ科 キセワタガイ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

アカキセワタ?

コメント 砂地での観察。通常は海藻などに着き、丸まっているので一見ウミウシには見えない。刺激を与えると、体を伸ばし、砂上を高速で這って移動する。体長5mmほどの小型種。春季を中心に大量発生する。
今川メモ:ウミウシは動きが遅いと思われがちですが、このウミウシはものすごいスピードで砂地を這っていきます。
撮影日 2009/04/21
撮影場所 慶良間 座間味島
体長 3mm
水深 7m
撮影者 I川様
← モンガラキセワタ エンビノアルダガイ →

おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> アカキセワタ?