おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> ユウグレイロウミウシ(仮称)

科目別一覧 和名別一覧
← キカモヨウウミウシ オトヒメウミウシ →

ユウグレイロウミウシ(仮称)

Goniobranchus hintuanensis  (Gosliner & Behrens, 1998)


裸鰓目 真鰓亜目 ドーリス下目 ドーリス上科 イロウミウシ科 Goniobranchus属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ユウグレイロウミウシ(仮称)

コメント 体地色は乳白色。背面には淡黄色や白色の低く盛り上がった円班があり、背面中央部に近い円班は周囲が赤紫色に染まる。触角と二次鰓も赤紫色。外套膜の縁は濃紺で、外套膜のヒダの形状に合わせ、ヒダがくびれている所はこの濃紺の領域も内側に向け湾入する傾向にある。春季、東海岸・西海岸を問わずガレ場やゴロタで観察できるが、そう多いものではない。
撮影日 2012/04/06
撮影場所 本島 西海岸
体長 20mm
水深 12m
撮影者 今川
← キカモヨウウミウシ オトヒメウミウシ →

おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> ユウグレイロウミウシ(仮称)